G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 三軍に落ちてしまった澤村拓一ですが,もう32歳です。肉体的にはピークを過ぎていてもおかしくない年齢です。それにも関わらず,澤村のストレートは速くなっています。本当は,先発,中継,抑えのどこで投げるか,一年通じた疲れなどを勘案すると,速くなっていると断言は
『澤村のストレートは速くなっている』の画像

 澤村拓一が三軍落ちになりました。肉体的な才能に溢れることは,みなが認めているのだと思います。そのために,澤村には厳しい言葉が多いです。◎原監督−−https://hochi.news/articles/20200811-OHT1T50152.html原監督は「(不振の原因を)メンタルで逃げる人は、神頼み

 0-11の大敗試合で,内野手登録の増田大輝がマウンドに立ちました。野手を公式戦マウンドに立たせることに賛否両論あるようです。私は問題ないどころか,このような試合ならば,むしろ積極的にやっていくべきだと思います(ただし,前提として,打者にぶつけないレベルのコン

 昨年までのプロ3年間で8登板しかできなかった大江竜聖ですが,今季は既に7登板し防御率も1.00で,中継に欠かせない存在になっています。 昨年の大江はイースタンでも,それほど良い成績ではありませんでした。K%は23.96と目を引く値ですが,BB%が8.33と悪く,長所を消して
『大江竜聖の飛躍』の画像

 今季のNPBは,コロナ禍で公式戦が143試合から120試合に減り,観客も入場制限がかかってしまっています。NPBの各球団は大幅な減収になってしまいます。 ところが,統一契約書には有事の場合の取り扱いを定めていなかったことから,選手への年俸は昨年の契約交渉の結果通り

 8月1日付けでジャイアンツのファームの体制が変更されました。以前,高田誠ファームディレクターがスカウト部参与へ異動していましたが,そのために空位となっていたファームディレクターに井上真二3軍監督が就きました。空いた3軍監督には二岡3軍総合コーチが就きます。 

 原監督は,高橋由伸監督と比較すると,動的な采配を取ります。先発オーダーの組み替えや試合中の選手交代は明らかに多いと思います。また,その内容も大胆です。その采配がハマることが多いために,抜群の結果を残していますし,面白いゲーム展開も見ることができます。た

 7月10日に書きましたが,もう一度メルセデスの取扱説明書を書いておきます。 「どんなに良いボールを投げていても,どんなに抑えていても,6回もしくは7回に何の前触れもなく,突然崩れて点を取られます。絶対に崩れる徴候は見出せません。試合に勝ちたいならば,パーフェ

 山粼康晃が苦しんでいます。プロに入ってから最も苦しい状況かもしれません。 山粼のK%は25%後半だったはずですが,今季はたったの10.2%しかありません。加えて,BB%もキャリア平均の倍近い数値の13.6%に悪化しています。このため,K-BB%が▲3.4%と散々な値です。三振
『山康晃の現状』の画像

↑このページのトップヘ