G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 大塚球団副代表が,来期の支配下登録人数は62人で始めたいと言っています。ドラフトで支配下5人の指名を予定しており,かつ,新外国人を仮に3人獲得するとすれば,今の70人からは16人外れることになります。 個人的に支配下登録が微妙だなと思う選手を下側に外してみまし
『ジャイアンツ支配下62人予想』の画像

 デラロサはジャイアンツで4年目のシーズンを迎えています。ただ,なかなか評価の難しい投手です。 まず,シーズン全体を通して投げ続けてくれません。体調や調子が不安定で,投げるポジションもシーズンを通して固定できたことがありません。 他方で,防御率は4年とも2点

 今季,ジャイアンツはアンドリースと単年年俸200万ドルで契約をしました。メジャー通算217試合28勝37敗8セーブ,防御率4.63の実績があるので,仕方がなかったのかもしれません。しかし,結果としては,ほぼ無駄なお金になってしまいました。NPBでは,ここまで1軍で5試合(18

 野球中継を見てるだけで,ポランコのライト守備には厳しいものを感じる場面が多々あります。 今シーズン150イニング以上守っているセ・リーグのライトをUZR1000で比較すると,ポランコは15人中15位のようです。下位には鵜飼,サンタナ,大田泰示,堂林,太田賢吾が来ます

 広いバンテリンドーム ナゴヤの3連戦は,外野守備を固める,本塁打が出にくい,1点差を争う可能性が高いという意味から,ポランコとウォーカーはスタメンでどちらか1人しか起用せず,重信や若林をスタメンに入れるものかと思っていました。 しかし,昨日,今日とポランコ

 赤星が1年目ながら31試合の登板をしています。 先発起用が13試合,リリーフ起用が18試合です。先発のときとリリーフのときで成績にかなりの差があります。 防御率は,先発4.45,リリーフ2.35。 K-BB%は,先発3.9,リリーフ13.6。 被打率は,先発.275,リリーフ.233。 

 今季年俸1億5千万円で契約したシューメーカーは先発で18試合に登板し,4勝8敗,防御率4.25という成績です。勝率.333で年俸を考えると割に合わない獲得になってしまいました。 ただ,各種指標を見ると,メルセデスや山崎伊織とあまり変わらない数値になっています。シュー

 ドラフト1位の平内・鍬原・桜井の3人は,今のところ,最も価値の高い先発ローテーションは難しいと判断され,リリーフの役割を試されています。球速が速くパワー型の3人の目指すべき理想はマシソンではないかと思います。 しかし,3人ともマシソンの域に達するのは難しそ

 今日(9/22)の予告先発はメルセデスです。しかし,メルセデスは今季6月4日に対ロッテ戦で勝利投手になって以来,10度先発をしていますが勝ち星がついていません。 ただ,メルセデスの投球内容は,例年とほとんど変わっていないように思えます。 WHIPは通算1.24ですが,今

 2022年9月21日付スポーツ報知に中川が腰痛発症以来,初のブルペンに入ったとの記事が載っていました。今までキャッチボールをしたという記事が5月頃にありましたが,その後はほとんど情報がありませんでした。ようやく進展があったようです。 ただ,立ち投げということな
『中川皓太が腰痛発症以来の初ブルペン』の画像

↑このページのトップヘ