G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 イースタンリーグの対ロッテ戦で戸根千明はスタメンから落ちてしまいました。7回表から代打で出場し2打席に立ちましたが,安打は出ませんでした。レフトの守備にもついたようです。打率が.174まで下がり,結構苦しい状況と思われます。あまりにも低打率で今シーズンを終え
『戸根千明の打者成績(10月24日まで)』の画像

 ジャイアンツは,10月に入って9勝10敗2引き分けと以前と比べて勢いが落ちてしまいました。投手も打線もどちらもイマイチですが,私が一つ気になっているのは打順です。 以下の表は主力打者の10月の打撃成績です。 OPSを見ると,調子の良いのは,丸佳浩・ウィーラー・田中
『今のままの打順で良いのでしょうか?(10月のOPSから)』の画像

 10月22日の戸根はイースタンリーグ,対ヤクルト戦に7番DHでスタメン出場しましたが,打席では良いところなく3打数無安打でした。打率が.190まで下がってしまいました。にほんブログ村
『戸根千明の打者成績(10月22日まで)』の画像

 貧打の続くジャイアンツ打線ですが,二軍で打撃好調の山本泰寛は一軍昇格しないのでしょうか? 山本泰寛の10月21日までの成績は,39打数21安打で.538という高打率ですが,今季一度も一軍で出番がありません。イースタンの今季通算でも,打率.311,長打率.437,出塁率.414

 10月20日の対ヤクルト17回戦では,1点リードの9回裏の頭から登板したデラロサが,二死をとりながらも,ランナー1・3塁でバッター青木を迎えた場面で,大江にスイッチされました。首脳陣は,デラロサを絶対的な守護神としては考えていないことが分かりました。 たしかに,
『デラロサに抑えは無理なのか?(昨年との比較)』の画像

 今日(10/21)の対ヤクルト18回戦は,1-2で敗戦でした。 昨日に続いて疑問符の付く采配がありました。5回表無死2・3塁で大城にスクイズをさせた場面です。結果は失敗で3塁ランナー丸がアウトになりました。例え,このスクイズが成功したとしても,私としてはやはり疑問符が

 10月21日の対ヤクルト戦で戸根千明は,二番レフトで先発出場しました。今まではDHで出場していましたが,初めて守備についた出場をしました。ヤクルトの打撃成績を見ると,左飛を4つ,左安打を3つ捌いているようです。エラーの記録はないようですので,無難にこなせたよう
『戸根千明の打者成績(10月21日まで レフトで初守備)』の画像

 二刀流に挑んでいる戸根千明ですが,10月20日までに5試合のスタメン出場を果たしています。三振が多めですが,四球を選んだり,内野安打を放ったりと打者として色々な経験をしているようです。本塁打を放つ日はいつになるのでしょうか。にほんブログ村
『戸根千明の打者成績(10月20日まで)』の画像

 本日(10/20)の対ヤクルト17回戦は,1-1の引分けでした。 個人的に不可解だったのは,8回からのマシンガン継投でした。アップアップの戸郷を6回まで引っ張ったので,今日はあえてブルペンを使わない日かと思っていました。具体的には,リードが保てるなら,田口・デラロサ

 長い間,火曜日の登板をしてきた菅野ですが,今日の試合は登板せず,土曜日の登板に回るようです。報知新聞では,日本シリーズの初戦が11月21日(土)なので,それに照準を合わせて土曜日登板にしたと解説しています。−−https://hochi.news/articles/20201019-OHT1T50256.h

↑このページのトップヘ