G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 孫社長がさっそく計画を実行し始めたようだ。  現時点での獲得大物選手は、 1)バティスタ(エクスポズ) 2年1500万ドル(15億8000万円) 7億9000万円/年 2)カブレラ(マリナーズ)  2年450万ドル(4億7250万円)  2億3625万円/年 3)大村(近鉄)       3年5億円

-- 「落ちこぼれが出ないよう力の均衡を図る、それがサラリーキャップ制であり、完全ウエーバー制。ウエーバー制とは、最下位なら一番いい選手がもらえる『負けるが勝ち』。金をかけず、棚ぼたでもらえるのは本当にいいのか。さらに今、サラリーキャップ制になればどうなる

--  木村社長は・・・西武ドームの命名権も「友人の孫社長(ソフトバンク)から非常に広告宣伝効果があると聞いた」と交渉する方針を示した。 --  こういう宣伝効果ってどうやって計るのか非常に興味がある。YahooBBスタジアムの経済効果を検証した資料ってどこかにないの

--  上原サイドは年俸4億円程度を希望しているとされ、球団側の提示は3億4000万円前後と見られている。 --  ジャイアンツの上原の年俸交渉が年明けまでもつれ込んだ。あくまで推定だが、上原は1億円UPの4億円を要求しているようだ。しかし、球団側は4000万円UP

後任不在で根来氏“残留”球界改革に膨らむ期待 スポーツナビ  スポーツナビの記事では暴力団対策や野球協約の改正に法曹出身の手腕がいかせるのではないかと一定の評価をしている(「マイナスではない」)。  しかし、私は懐疑的だ。  あのスト突入の時には、私

-- ホークス年俸総額100億円に引き上げ 孫オーナー「年俸安すぎる」…06年までに“世界5位へ” --  さっそく孫社長が行動を開始した。記事によると、

↑このページのトップヘ