G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 2019年の6月にトレードで日本ハムから移籍した鍵谷陽平は,シーズン途中からの加入にもかかわらず,27試合27イニングを防御率3.00で投げ,チームに貢献してくれました。ただ,鍵谷の各種数値を見ると,2020年は心配になってしまう数字が並んでいます。 防御率は3.00なので
『2020年の鍵谷陽平は心配』の画像

 2019年の開幕前のジャイアンツはR・クックを獲得して,抑えを任せようとしていました。しかし,シーズン終盤で抑えのマウンドに立っていたのは,デラロサで,クックは日本シリーズの40人枠にも入れませんでした。そして,2020年のジャイアンツはクックと契約はせず,クック
『改めてクックの成績を振り返る』の画像

 2015年に一軍初登板をして以来,3勝,10勝,13勝と順調に勝ち星を伸ばしていた田口麗斗が,2018年には大きく躓きました。たった2勝しかできなかっただけでなく,8敗もしてしまいました。イニング数も2017年には170回を超えましたが,2018年はわずか86回余りに留まりました
『2019年田口麗斗の復活』の画像

 古川侑利に続いて,郄田萌生がプエルトリコでのウィンターリーグを終えて帰国しました。成績は以下のとおりでした。 7試合に登板したうち,5試合で先発をしています。合計で31回と2/3を投げ,防御率は2.56でした。WHIPは1.168,H9は6.5,HR9は0.3ですので,打たれてはいな
『眦痛╂犬離廛┘襯肇螢灰Εぅ鵐拭璽蝓璽阿寮績』の画像

 2019年12月25日付けスポーツ報知第6版第4面で,「来季の巨人で達成が予想される通算記録」と「来季達成が予想される坂本の通算記録」が掲載されていたので,個人的な達成可能性を考えてみました。 チームと原監督の記録は余裕ですね。 亀井も大きなケガがなければ,確実
『2020年にジャイアンツで達成されそうな通算記録』の画像

 プエルトリコのウインターリーグ(リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・ロベルト・クレメンテ)に行っていた古川侑利が23日に帰国しました。古川は Indios de Mayaguez というチームで投げていたようです。リーグのホームページを見ると,確かに2019年12月22日にチー
『古川侑利のプエルトリコウインターリーグの成績』の画像

 イースタンリーグでも表彰されるタイトルがありますが,2019年にそれらタイトルを獲得したジャイアンツ選手は以下のとおりでした。・首位打者    山下航汰・最高出塁率   北村拓己・優秀選手賞   山下航汰・新人賞     山下航汰・報知新聞社選定 殊勲賞 
『2019年イースタンリーグ表彰を獲得したジャイアンツ選手』の画像

 今年,森福允彦がジャイアンツを自由契約になりました。2016年年末にソフトバンクホークスからFA宣言して,2017年からジャイアンツの一員となりました。しかし,ジャイアンツでの3年間は,それまでのソフトバンクホークスでの10年間とは全く違うプロ生活となりました。森福
『森福允彦のジャイアンツ3年間 その1』の画像

 今季限りで引退をした橋本到が少年野球スクール・ジャイアンツアカデミーのコーチになってくれました。楽天からもスタッフの話はもらっていたらしいですが,ジャイアンツの10年間を重視して,恩返しのために帰ってきてくれたとのことです。 橋本到は,金銭トレードで移籍
『橋本到は合計12回も肉離れをしていた』の画像

 2019年のジャイアンツ投手陣の初球ストライク率は以下の表のとおりでした。 初球がストライクだった割合が最も高いのはマシソンで,62.5%でした。最も低かったのは,大江で27.1%でした。 初球からストライクを入れるかどうかというのは,その投手の力量,打者の攻め方,
『2019G投手陣の初球ストライク率』の画像

↑このページのトップヘ