G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

更新情報

 不振の丸に対して,厳しい記事が出ています。−−https://hochi.news/articles/20210906-OHT1T51178.html 「丸が普通にやってくれないと。そういう位置づけの人だから。いれば使うんだから。だったらまた前みたいに(ファームで再調整)しなきゃいけなくなる」 6月上旬
『丸の二軍落ち?』の画像

 ジャイアンツの公式youtubeにハイネマンの動画が上がっています。動画の中でハイネマンは,「野手として攻撃面でうまくいかないことがありますが守備に関してはどんな場面も試合に良い影響を与えることができます」「守備面で失点を防ぐことができれば打点を挙げることと同
『守備の意識が高いハイネマン』の画像

 昨日(9/5)の大事な首位攻防戦は,ショートの守備の乱れで勝てる試合を引分けにしてしまいました。6回裏から坂本を交代させましたが,その後の若林,廣岡がエラーを続けてしまいました。今のジャイアンツに坂本に代わってショートを守れる選手はいるのでしょうか。 上記表
『ジャイアンツ遊撃手のUZR』の画像

 大事な首位攻防を2敗1分けで終えたジャイアンツですが,試合終盤のバタバタが繰り返されました。ビエイラを始めとするリリーフ陣は責められません。今までリリーフ陣に助けられたからこそ今の順位にいるのだと思っています。 その中でも中川皓太の存在は本当に大きいなと

 今日(9/5)は大事な首位攻防です。6点リードできていた,波風を立てたくない6回裏にショート若林がなんでもないショートゴロをエラーしました。これをきっかけにジャイアンツは4失点し,2点差まで詰め寄られてしまいました。エラーをする若林も悪いですが,いつまでも若林に
『若林の内野守備』の画像

 8月21日に中田翔が一軍に上げられた代わりに北村拓己は二軍落ちしてしまいました。 二軍落ち後の北村拓己の全打席は以下のとおりです。8月28日 対DeNA中飛,空三振,中越2,四球8月29日 対DeNA投ゴロ,中安打,二ゴロ,空三振9月1日 対ヤクルト三直,遊ゴロ,左線2,

 タイトルのとおりに,阿部二軍監督に酷評されてしまった井納翔一ですが,二軍ではチームナンバーワンのイニング数をもらっています。しかし,結果は出ていません。井納翔一の実績を理解しているからこその厳しい口調だけど、それでも怖い pic.twitter.com/uQWzlai38v— aka
『「えー,先発がすべてね,試合をぶっ壊したんで」』の画像

 2017年ドラフト1位投手である鍬原拓也が支配下に復帰しました。鍬原は昨年右肘を骨折し,手術をしたため今季は育成選手として契約がされていました。思ったよりも早く復帰ができたと思います。 ジャイアンツ投手のイースタンリーグでの成績ですが,鍬原はチームで11番目の
『鍬原拓也が支配下に復帰』の画像

 高橋優貴がセ・リーグトップに並ぶ10勝目をあげました。防御率2.71で10勝3敗は最近のジャイアンツのドラフト1位投手の中では白眉です。ただ,昨日の5回の裏に中日の下位打線に対して3四球でピンチを招いたように,高橋優貴は突然制球が乱れるのが玉に瑕です。以下の表は,
『高橋優貴はボールの割合が高い』の画像

 昨日(8/24)の対広島の試合はメルセデスの好投で3-1の勝利を飾ることができました。 メルセデスは今季が4年目ですが,ここまでは一番の出来のシーズンになっています。 今季は8先発で7勝1敗という素晴らしい結果を残しています。それは各種指標にも表れています。K%はキャ
『ここまでのメルセデスは一番の出来』の画像

↑このページのトップヘ