G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

2021年09月

 山口俊の中4日での先発は結果的に不発だったわけですが,宮本投手チーフコーチによれば,今後も中4日,5日のローテーションを続けるそうです。#阪神 戦#宮本和知 投手チーフコーチが自身6連敗中の #山口俊 投手の次回登板も示唆し、残り試合もローテーションを中4、5日で回

 8回裏のチャンスで北村は代打に中田翔を出されました。北村が打席に立っても結局は打てなかったかもしれません。中田もそれなりに打つ可能性はあったと思います。結果は誰にも分からないので,ダメだったことは仕方がありません。 ただ,北村の立場に立ってみれば,どうに
『北村の信頼感のなさ』の画像

 この対阪神3連戦の第1戦のときもそうでしたが,スコアが競っているにも関わらず,なぜ敗戦処理の投手をあえて投げさせるのか?よく分かりません。今の一軍投手陣の中では,田中豊樹・桜井・戸根は敗戦処理が役割だと思います。 しかし,スコアが競っている最中に桜井・戸

 確かに今日の山口は制球が悪かったです。ただ,中4日で山口をわざわざ先発させるということは,それだけ山口を信頼しているという意味ではないのでしょうか? 3回途中(2回 2/3)1失点という成績は先発失格という結果ではないと思います。それにも関わらず降板させるという

 あくまでここまでの成績という留保付きの話しですが,中田翔の獲得は大失敗でした(しかも,結果論に過ぎませんが)。 中田翔の代わりに起用される選手候補としては,ウィーラー,北村拓己,中島宏之,香月一也がいますが,中田翔はOPSでも,wRC+でもいずれもこれら4選手よ
『ここまでは中田翔の獲得は大失敗』の画像

 骨折後は腰痛で戦線を離脱していた梶谷がようやく二軍の試合で復帰しました。中田翔と同様,やはり二軍ではモノが違うようでいきなり3打数3安打の猛打賞でした。 思い切りスイングをしている姿を見る限り,もう腰痛は良さそうです。一軍の救世主となってくれるのでしょう

 亀井は2004年のジャイアンツ入団以来,ジャイアンツ一筋でチームに多大な貢献をしてきてくれました。ただ,今季の力は一軍レベルではないと思っています。いくら守備や走塁が39歳とは思えない動きをしていても,打率.215,出塁率.276,OPS.605,得点圏打率.136では一軍の戦
『代打亀井の絶望感』の画像

 今日(9/24)の阪神戦は負けや引分ではダメで絶対に勝たなければいけない試合でした。それにも関わらず,桜井を2イニングも投げさせ,ビエイラを1点差の場面でケガ明け初登板させるという,勝つ気が全く感じられない投手起用でした。 メルセデスが3回までに3点取られたとこ

 今日は,九里が制球に苦しんでいたために,なんとか攻略することができました。1回表のチャンスで岡本がタイムリーを放ったことがとても大きかったです。あそこで,岡本が打てなければ,そのまま点は入らず戸郷の立ち上がりが厳しい状況になるところでした。四番の役割を担

 昨日(9/22)は,広島の床田に完封に斬って取られてしまいました。  よく分からない采配だなと思ったのは,7回表二死1塁のスタメンの吉川尚輝に対する代打中島宏之です。 この7回表時点までの対床田の対戦成績は,吉川尚輝が6打数2安打,中島宏之は2打数0安打1四球です。

 山口俊が11回先発して,2勝6敗と大きく負け越しています。 WHIPは1.26で戸郷(1.20),高橋優貴(1.26),メルセデス(1.35)らと遜色ないのですが勝てません。勝てないのは,山口の登板のときに打線が打たないからです。山口俊の援護率はわずか1.98で2点取ってくれません。山口

 今のジャイアンツは先発ローテーションを中5日で回すのを基本としていますが,個人的にはあんまり感心しません。頼りになる5人の先発がいるのならば「アリ」だと思いますが,今のジャイアンツの先発陣にそれほど力の差があるとは思えません。疲労とリスク分散を考えるとな
『今村をローテーションに組み込んでほしい』の画像

 9月14日に再び出場選手登録された北村拓己ですが,復帰後の成績は以下のとおりです。9月14日 代打出場 エスコバーに見逃し三振9月15日 7回表,8回表の一塁守備9月17日 代打出場 田口に左飛9月18日 代打出場 高橋奎二から左本塁打9月19日 代打出場 齋藤友貴哉から

 今日(9/18)の対ヤクルト戦のスタメンはタイトルのように,6番亀井 7番ハイネマン 8番小林 9番投手という下位打線でした。OPSで言えば,.580,.485,.397,.000(投手はメルセデス)です。 これでどうやって点が入るのでしょうか?100人アンケートを採ったとき,この打順を選

 二軍落ちしている中田翔ですが,今日の対楽天戦でも打ちまくっているようです。4打数3安打(2本塁打)です。これでG二軍での成績は18打数11安打 打率.611 本塁打4本となりました。二軍と一軍ではかなりの実力差がありますが,これだけ圧倒的な数字ならば,最短で一軍昇格は間

 坂本,岡本,ハイネマンと頑張った選手はたくさんいますが,今日は八百板が活躍できて本当に良かったと思いました。二軍ではOPS.782とそこそこ打っていましたが,そこそこであって,ずば抜けてとまでは言えないため,なかなか一軍に呼ばれることがありませんでした。一軍が

 今日(9/15)の巨人×DeNA戦で球審を務めている秋村謙宏氏のストライク・ボール判定はさすがにおかしすぎると思います。 審判によって低めに厳しいとか,外側が広いなどのクセはあるものだと思いますが,秋村謙宏氏の判定はそういうものではなく,単に安定していません。ど

 廣岡大志が9月13日に二軍落ちした代わりに,14日に北村拓己が一軍登録されました。さっそく14日の試合,8回裏一死1塁の場面で松原への代打起用されました。しかし,結果は三球での見逃し三振でした。 廣岡は12日の試合,一死3塁で最低限フィールド内にボールを飛ばしたか
『北村にとっては大きなチャンスでしたが・・・』の画像

 9月12日に陽岱鋼の出場選手登録が抹消されました。今季はずっと二軍・三軍暮らしで,シーズン終盤になりようやく一軍に上がりましたが,わずか7打席の出場機会で再び二軍に落ちてしまいました。 陽岱鋼は2017年からジャイアンツに来てくれました。2017年は87試合の出場に
『陽岱鋼獲得から得られた教訓』の画像

 今季のジャイアンツで一軍の打席に立った捕手は下記表の4人です。 wRC+は93で大城が群を抜いています。大城は,疲れが原因なのか,かなり長い不調の時期が定期的に来ますが,今のジャイアンツで一番打てる捕手なのは間違いがありません。定期的な休養を大城に取らせるため
『ジャイアンツ捕手の打撃指標』の画像

↑このページのトップヘ