李・ディロンが新しく加わりましたが,両選手は本職の一塁だけではなく,外野手としても起用される模様です(Web Hochi『近藤ヘッド構想 外野手はどこでも守らせる』参照)。これによって,またしても若手の出番,台頭の芽を摘んでしまわないか,と心配です。

 確かに,競争させるのは本来良いことです。その中で若手の力も伸びますし,全体のレベルアップも図られるはずです。

 しかし,こういう獲得が行われるときは,えてして実質的な競争が制限されてしまうのがたいていです。すなわち,ネームバリューのある者,獲得金額に大金を費やした者,前の働き場所での成績が良かった者が,優先的に起用されます。起用される者は,競争の結果ではなく,既に決まってしまっているのです。
 今回も,李・ディロンが優先的に起用されるのは明白だと思います。

 この優先的な起用により,若手はやる気がなくなり,実力がつかないのもありがちなパターンです。ただここで,李・ディロンが活躍すれば,まだチームは勝つことができるのですから,救いがあります。

 しかし,活躍できなかった場合は地獄ですね。優先的に起用された者が活躍できないせいでチームの戦力はダウンし,チーム成績は低迷するでしょう。ようやく若手に出番が回ってくるころには,優勝争いなど夢のまた夢になってしまい,本当に若手が伸びるような舞台ではありません。そのままシーズンをダラダラと終えてしまうことになるでしょう。

 そしてシーズンオフには,若手の伸びが足りないため,優勝を逃した反省のため,と言って,再び新たな補強がなされるでしょう。あー,無限ループです(^_^;)。今季のジャイアンツもこんな悪夢を繰り返すのでしょうか?

 ただただ願うことは,原監督に,選手間の真の競争を引き出す起用を行って欲しい,これだけです。