今日のジャイアンツは、前半戦最後の試合を中日と戦い、2−1で勝利しました。10回裏に阿部のさよならヒットでかろうじて勝てました。

 今日は原監督の采配ミスがありました。
 9回表2死2塁打者森野の場面で先発ゴンザレスから山口に投手交代。山口は和田に内野安打を打たれ、同点に追いつかれて延長戦に入ってしまいました。
 結果論にはなりますが、これは采配ミスだと思います。9回にランナーは出ましたが9回の間でゴンザレスの投球になんら変化はありませんでした。それにもかかわらず回途中での投手交代。交代の理由がありません。9回をゴンザレスに任せられない、そこまでの信頼感がないのなら、回の最初から交代させるべきです。反対に、ゴンザレスにこの試合を任せたのなら、最低でも同点にされるまではゴンザレスに投げさせるべきです。回の途中での交代は中途半端で采配に迷いがあったと思います。原監督の中では迷いはなかったのかもしれませんが、おそらく多くの人は采配の迷いを感じる交代です。野球の流れは主観的なものです。多くの人が迷いを感じる交代では、その流れを悪い方に変えてしまいます。そして、今回の交代は流れを悪くした交代だと思います。

 せっかく復調し始めたゴンザレスがこれをきっかけに調子を落としたりしないことを祈るばかりです。