大不振もしくは大きく衰えてしまった小笠原の来季の契約の行方が気になっていましたが,契約続行することが決まったようです。

 大功労者ですから,その処遇には丁寧なものが必要ですが,一方で来季活躍できるのかというとその想像がなかなか難しいのも事実です。もう一度くらいチャンスをとも思いますが,今季終盤に立った打席を見ていると,良い当たりがほとんどなく,見送りや空振りの姿勢にも厳しいものがありました。なんとか立ち直って欲しいと願うばかりです。

●http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20121113-OHT1T00264.htm
「来季40歳・小笠原、大減俸覚悟で残留!ガッツ衰えず!!」
 今季で2年契約が満了する巨人・小笠原道大内野手(39)が、来季もチームに残留することが13日、分かった。原沢球団代表兼GMが、小笠原と数回にわたって話し合いの場を設けたことを明かし、巨人と再契約するベテランの意思を確認。推定年俸4億3000万円からの大幅減俸は必至だが、球団も契約を結び直す方針。来季40歳、17年目を迎えるガッツは巨人で完全復活を目指し、チームの連続日本一に貢献する。