今年は山本泰寛について何度か記事を書きました()。吉川尚輝と田中俊太の台頭で山本は非常に厳しい立場にいます。坂本がショートからコンバートされても,同年代に吉川尚輝と田中俊太がいると,1軍固定は難しそうです。また,控えとしても,若林,吉川大機もいます。2019年は一軍に上がるチャンスすらないかもしれません。

ーー
【楽天】茂木、キャンプ1軍スタート危機…9月負傷左肩回復遅れる
2018年12月30日7時0分  スポーツ報知
 楽天・茂木栄五郎内野手(24)の2月春季キャンプ1軍スタートに黄信号がともっていることが29日、分かった。茂木は16年の入団から3年連続で100試合以上に出場。17年に2割9分6厘、17本塁打を放った打撃力を武器に、来季も正遊撃手候補の筆頭とみられていた。
ーー
 2018年の楽天はショートのレギュラー茂木の故障で,苦しんでいました。山崎直,西巻,村林,三好
,山崎を起用していましたが結局固定はできませんでした。報知によれば今後は渡辺佳や藤田もありえるとのことでした。

 楽天もショートのポジションを狙う選手は多くいるため競争は激しいですが,ジャイアンツはまず,ここ数年では坂本という絶対的存在がいます。坂本が欠けたときという限られたときしか,ショートのポジションを争うことはできません。セカンドもよっぽどのことがなければ,吉川尚輝と田中俊太の二人の間に割って入ることも難しいでしょう。

 それならば,茂木というショートの大黒柱が不安定になってしまった楽天の方が,チャンスはあるかもしれないと思いました(茂木の故障が癒えればジャイアンツと同じ状況かもしれませんが,どうも茂木はショートの激務に常時耐えられる感じではなさそうです。)。また,パ・リーグの水に合って山本の隠れた魅力が引き出される可能性もあります。楽天のチーム事情に詳しくないので,詳しい人から見れば,現在の山本では楽天でも活躍の場はないと言われるかもしれません。でも,山本泰寛のやる気は見ていて気持ちの良いものなので,ぜひともどこかで出場の機会を見出せないかと思ってしまいます。2019年のジャイアンツでは,その見通しが立ちそうもないのが残念です。