昨年の中島宏之は打率.148で,ルーキー年の.143を除けば,キャリア最低の打率でした。通算打率が.294の中島としては信じられない成績だと思います。

 2019年の成績は,年齢による成績下降であり,今の中島の実力なのでしょうか。それとも,2019年は運が悪い方に偏っていたものなのでしょうか。

 そこで,BABIPを見てみると,2019年の中島は.212と異常な低値でした。通算BABIPが.335なので,中島としては本当に低い値です。

 ただ,一方で,K%が32.3とこれも異常に悪い値です。通算が17.3なのでかけ離れています。

 2019年のBABIPは中島に運がなかったことを表し,K%は中島に実力がなかったことを表しています。この相反するデータが同居しているのが2019年の中島宏之で,正直,評価が困難です。今年の中島を見て,結論を出すしかないように思います。ファンとしては,2019年の中島は単に運が悪かっただけという結末を見たいところです・・・。