坂本勇人は,ここ数年アベレージだけでなく,パワーも伴う打者へ進化しています。その進化の過程で,打球方向・打球の強さが,どのように変化しているかを見てみました。

坂本勇人

 坂本は,2016年からOPSが.900を超え,パワーが高まってきました。力を出しやすい打球方向は,引っ張り方向かと思いますが,坂本の打球方向は反対の傾向があるようです。2014年,2015年ころの高かったPull%は,年々低下傾向にあります。パワーが付くにつれて,Cent%,Oppo%が高まってきています。

 打球の速度については,当然ですが,Hard%が年々高まっています。強い打球を飛ばすことができている証拠です。

 坂本は,強い打球を飛ばすに当たって,レフト方向への引っ張りを増やすのではなく,センター方向・ライト方向への打球を増やす(が増える)というアプローチを採っているようです。スイングの始動を遅らせる代わりに,ボールをよく見て,コンタクトの精度を上げた結果なのではないかと思います。これを言葉で言うのは簡単ですが,実際の身体の動きにつなげてしまうのが,坂本勇人の凄みですね・・・。