NPBの4月24日開幕が断念されました。昨日,パ・リーグ6球団社長のオンライン会議で意見が一致した模様です。

 次の候補は,5月中旬とのことですが,今,非常事態宣言が出されなければ,5月中旬も絶望的だと考えます。

 5月中旬に開幕ができるには,世の中がどういう状況になってる必要があるかといえば,COVID-19の感染が広がらず,収束傾向にあると確認できていなければいけないと思います。収束傾向と確認できるのは,私の感覚では,感染者の増加のピークを過ぎ,1ヶ月程度は感染者が減り続けている状況が必要なのではないかと思います。

 すると,遅くとも4月中旬には感染のピークが来て,それ以降ずっと新規感染者数が減り続けなければいけません。COVID-19の潜伏期間は最大で2週間程度あるようですから,4月中旬から新規感染者数が減るということは,4月初頭の今,徹底的な感染防止がなされなければなりません。

 自粛というレベルでは,感染防止がなされない,感染が拡大してしまうことは,ここ2ヶ月程度で明らかになっていると思います。すると,徹底的な感染防止をするためには,非常事態宣言しか残されていないことは明らかです(これでも感染拡大を防げるかはわかりませんが。)。

 したがって,NPBが5月中旬に開幕するためには,今,非常事態宣言が出なければ,無理だと思います。いよいよ公式戦143試合が消化できない状況も間近に迫ってきたようです。