右肩周辺の肉離れで出遅れていた大竹寛が,昨日フリー打撃に登板したようです。

 大竹は昨季後半にリリーフで活躍しましたが,今季は2月に右肩周辺の肉離れを起こしてしまいました。36歳という年齢もあるため,スタートでのこの躓きは引退にも繋がりかねない大きなケガでしたが,COVID-19の蔓延でNPB開幕が遅れたことにより,大竹にとっては致命的なケガにはならなかったようです。

 畠や高橋優もケガが癒えてきているようですから,ジャイアンツの投手陣にとっては,貴重な調整時間になりました。今季のNPBが開催されるかはわかりませんが,この慈雨を活かせるようにしてほしいものです。