今季第二戦で左腕にデッドボールを受けて,非常に痛がっていた小林ですが,骨折だったようです。尺骨の亀裂骨折とのことですが,結構太そうな骨です。ネットで調べると治るのに4週から6週くらいかかるようなことが書いてあります。リハビリやトレーニングも合わせると,短い今シーズンの大部分
があっというまに過ぎてしまいそうです。小林としては大きな痛手になってしまいました。

 代わりに岸田行倫が一軍に上がるようです。
−−
【巨人】小林誠司が左腕骨折 原監督「少々時間がかかる」21日阪神戦で2打席連続死球
2020年6月23日 15時42分スポーツ報知

 巨人の小林誠司捕手(31)が左尺骨を亀裂骨折したことが23日、わかった。代わって岸田行倫捕手(23)が1軍に合流した。

 小林は21日・阪神戦(東京D)の5回の打席で、左腕に死球を受けた。直後の6回も一度は守備に就き、投球練習で捕球をしたが、打者が打席に立つ前にベンチ裏へと退いていた。

 原監督は「あれだけ(痛みに)強い男が『痛い』と言って、今日もそれが残っていたということで、レントゲンを撮ったら骨折していた。(復帰には)少々時間がかかる。亀裂らしいけど」と説明した。
−−
【追記】スポーツ報知で続報があり,同紙によれば「骨がつくまでに3〜4週間かかる見込みだ。」(https://hochi.news/articles/20200623-OHT1T50085.html)とのことです。やはり長期離脱になってしまうようです。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村