昨日(9/1)は吉川尚輝のサヨナラ打で勝利したように,ジャイアンツの二塁手争いは吉川尚輝が一歩抜け出しています。
 今季ここまでの二塁手守備起用試合数は,吉川尚輝50,北村19,若林9,増田大輝7,吉川大幾3,田中俊太3,ウィーラー2,湯浅大1となっています。ここには,昨年まで二塁手の座を争っていた山本泰寛の名前がありません。今季は一軍で山本泰寛が起用されなくなってしまいました。
 二軍の山本泰寛を見てみると,下記のような打撃成績でした。
山本泰寛(2020二軍)
 何かケガでもしているのかというほど打撃成績が悪化してしまっています。三振の割合はあまり変わっていないようですが,打率も長打率も下がってしまっています。単純に打てていません。山本の守備は無難なもので,北村や若林に劣るものではありませんが,吉川尚輝や田中俊太には及ばないレベルです。そうすると,打つことができないと山本にチャンスは巡ってきません。このままでは厳しいです。
 山本は感情を表に出すプレースタイルなので,原監督が好むタイプです。打撃成績さえ平年並みに回復できれば,どこかでチャンスがあると思います。山本は土俵際の選手だと思うので,がんばってほしいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村