ジャイアンツは,10月に入って9勝10敗2引き分けと以前と比べて勢いが落ちてしまいました。投手も打線もどちらもイマイチですが,私が一つ気になっているのは打順です。
 以下の表は主力打者の10月の打撃成績です。
2020年10月打撃成績
 OPSを見ると,調子の良いのは,丸佳浩・ウィーラー・田中俊太です。吉川尚輝,坂本勇人,岡本和真はまあまあですが,坂本・岡本は実力からすると好調とは言えない数値だと思います。調子が悪いのは,大城・中島宏之です。
 気になるのは,調子の良い丸佳浩が打席数の多いとは言えない5番に固定されていることです。また,ウィーラーは日替わりでしか起用されませんし,起用されても下位打線のことが多いと思います。調子の良い田中俊太も下位打線で使われています。松原聖弥はOPSが低いですが,打席数の多く回ってくる2番に固定されています。
 どうも,OPSから考えると,今の打線の組み方は勿体ない打線の組み方になっていると思います。これを毎試合繰り返していれば,損失は徐々に積み重なり大きなものになってしまいます。もう少し,そのときの調子に合った打線の組み方をしても良いのではないでしょうか?
 私ならば,1番坂本,2番吉川,3番丸,4番岡本,5番ウィーラーにしたいところです。もっと思い切った起用をするならば,1番坂本,2番丸,3番岡本,4番ウィーラーでも良いと思います。とにかく,OPSの高い打者に多くの打席を回す工夫をすべきだと思います。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村