ロッテの唐川侑己がFA権行使の可能性があるそうです。
−−
ロッテ唐川FA行使検討 国内移籍へ代理人とも契約
[2020年11月17日5時0分]
ロッテの勝利の方程式が解体の危機にある。唐川侑己投手(31)が2018年(平30)に取得した海外FA権の行使を検討していることが16日、分かった。関係者によると、ここ数年、今後の野球人生について、より真剣に考えるようになった様子が見られ、昨年には代理人と契約し、準備を整えたという。
−−
 もし,行使するならば,ジャイアンツも獲得を考慮して良いと思います。
唐川侑己(20201116)
 近年は先発で結果がでなかったことから,リリーフに回り,今季は素晴らしい成績を残しました。本人がどこのポジションを希望しているのかが分かりませんが,リリーフとしてならば魅力的な戦力です。WHIP1.02は,今季のジャイアンツならば鍵谷(1.02)・高木京介(1.05)と同水準です。K-BB%11.9は,中川(11.5)と同水準です。ただ,LOB%が91.2と高値なので,防御率1.19は,運がよかった面は否めません。起用法としては,絶対的な勝ちパターンではなく,最近の高木京介のようなポジションになるかと思います。それでも,先発の頭数が足りず,シーズン通して多くのリリーフを用意したいジャイアンツとしては,唐川が加入してくれれば,シーズンを通した戦いぶりを安定させることができると思います。唐川がどういう球団を希望しているのかは分かりませんが,年俸によっては獲得競争に参戦するのもありではないでしょうか。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村