日本シリーズが終了した途端,ジャイアンツの補強推測記事が溢れました。
−−
https://news.yahoo.co.jp/articles/47aeab0a4099c1bc8715899f959d159928775d3a
日本一逃した巨人がDeNA梶谷&井納ダブル獲得へ
11/26(木) 4:00配信 日刊スポーツ
  8年ぶりの日本一を逃した巨人が、国内FA権を取得しているDeNA梶谷隆幸外野手(32)、井納翔一投手(34)のダブル獲得に乗り出す可能性が浮上した。投打両面の戦力補強を目指し、両選手が正式に権利を行使した場合に備えて、調査を進めることが25日、分かった。

−−
 その中でも一番の大物は梶谷かと思います。
2020G打撃成績(梶谷入り)
 上記表は,今季のジャイアンツ打者のシーズン成績に,2020年とキャリアトータルの梶谷の成績を入れ込んだものです。OPSの高い順にソートしてあります。2020年の梶谷は,キャリアハイと評価できる素晴らしい成績のため,2020年のジャイアンツに入れ込むと丸・岡本に匹敵するOPS2位に食い込んできます。キャリアトータルでも,丸・岡本・坂本に次ぐ,OPS4位に位置します。もし,ジャイアンツが獲得できたときは,スタメンで外野の一角を占めるのは確実な実績です。ただ,梶谷はケガがちなので,スタメンから名前が欠ける場面はそれなりにありそうです。
 シーズン終盤と日本シリーズにおける貧打と外野手の不足している現状のジャイアンツからすれば,戦力的には梶谷の補強はドンピシャだと思います。ただ,気になるのは,世間でも今言われているように,セ・リーグからの獲得は,セ・リーグ内でのチーム間格差を広げ,ジャイアンツのリーグ優勝可能性は高めますが,セ・リーグ全体としては弱体化し,パ・リーグとの差が益々広がる懸念があることです。あるチームが戦力補強をするにあたって,リーグ全体の強化も勘案しなければならないのかという疑問はありますが,今のセ・パの状況を考えると,セ・リーグのチームはあらゆることを考えなければならないとも思えます。いろいろ考えさせられるストーブリーグになりそうです。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村