トレードで獲得した廣岡大志が,さっそく昨日の対ヤクルトオープン戦で出場しましたが,2三振でした。廣岡は長打力が魅力ですが,長距離打者の傾向通り三振が多い打者です。
廣岡大志(BBK) K%は30.3%にも及びます。これは,昨年のジャイアンツの100打席以上打者と比較するとダントツでワーストの値です。坂本・岡本・丸がおおよそ20%弱の数字です。三振の多い大城の26.6%さえも上回る数字です。ある程度の三振を覚悟の上で見守らなければいけないと思います。
 ただ,一方で,BB%も11.3%と高いので,BB/Kは大城と同じ0.37に納まります。それほど良い数字とは言えませんが,若林・パーラよりはマシな数字になります。
 廣岡大志は,四球を選べる一方,三振が多いという荒削りな長距離打者です。毀誉褒貶が相半ばする選手ですので,なるべく温かい目で見守る必要があると思います。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村