高橋優貴がセ・リーグトップに並ぶ10勝目をあげました。防御率2.71で10勝3敗は最近のジャイアンツのドラフト1位投手の中では白眉です。ただ,昨日の5回の裏に中日の下位打線に対して3四球でピンチを招いたように,高橋優貴は突然制球が乱れるのが玉に瑕です。以下の表は,今季10イニング以上投げているジャイアンツ投手陣の投球数とストライク・ボールの内訳です。
投球数(20210829)
 投球のうちボールと判定された割合が高い順に並べてありますが,高橋優貴は田中豊樹に続く2番目に位置します。田中豊樹は荒れ球がトレードマークなので1位なのは当然とも言えるものですが,先発で長いイニングを投げなければいけない高橋が2番目に位置するのはマズイ気がします。もう少しストライクを自在に取れるようになれば,一段違うレベルにステップアップできるのではないでしょうか。2021-08-29 17.23.31
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村