亀井は2004年のジャイアンツ入団以来,ジャイアンツ一筋でチームに多大な貢献をしてきてくれました。ただ,今季の力は一軍レベルではないと思っています。いくら守備や走塁が39歳とは思えない動きをしていても,打率.215,出塁率.276,OPS.605,得点圏打率.136では一軍の戦力とは言えないと思います。

 しかし,今のチームはその亀井を最後の代打として出場させなければならないような野手構成になってしまっています。高橋由伸監督時代の,原解説者の名言「ここは立岡ではなく長打あるタイプの代打の方が…」「あ、いませんね」を思い出してしまう状況でした。
866f9d6e-s

 こんな構成になってしまったのは何が原因なのでしょうか。たまたま選手の調子が悪いだけでしょうか。選手のケガが原因でしょうか。選手の起用方法が悪いのでしょうか。それとも,選手の獲得方針が間違っているのでしょうか。一朝一夕では解決できない状況になってきている気がします・・・。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村