昨日のトライアウトに出場していた山下航汰ですが,「支配下でも育成でも、チャンスをいただければという思いです。バッティングをアピールしたいです」というコメントをしています。
−−
巨人退団の山下航汰「野球人生をかけて」育成再契約断りトライアウト挑戦
12/8(水) 4:45配信 日刊スポーツ
 10月4日に自由契約が発表され、球団側からは育成での再契約を打診されたが、他球団でのプレーを求めた。「今年、支配下に上がれなかったら、チャレンジしようと思っていたので。野球人生をかけて、悔いのないようにやろうと」と話した。今季は2軍で21試合の出場に終わったが、バットコントロールとスイングの強さなど打撃への評価は高い。「支配下でも育成でも、チャンスをいただければという思いです。バッティングをアピールしたいです」と決意を込めた。
−−
 てっきり育成契約を脱したくてジャイアンツを退団したのかと思っていましたが,コメントどおりならばチャンスがあれば育成契約でも良いというスタンスのようです。山下の守備位置はファースト,レフトが候補に挙がりますが,現在のジャイアンツはファースト・レフトを専業にして規定打席に達した選手はいません。12球団の中でもファースト・レフトは弱い方だと思います。それにも関わらず,山下はジャイアンツではチャンスがないと思ったようです。これはジャイアンツの起用法や育成方法に対する三行半とも思えます。イースタンの首位打者にこう思われてしまうのは,ジャイアンツの何かが間違っているのではないでしょうか・・・?
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村