今日のヤクルト戦はボロ負けになってしまいました。残念ですが、ペナントレースは長いので、こういう試合もあります。菅野には切り替えて次の試合で頑張ってもらいたいです。

 桜井が二軍から上がってきて、二番手で投げましたが、先頭打者にストレートの四球を出して、2/3回で被安打3の4失点と、予想以上に桜井のままでした。こんな気楽な試合でも抑えられないのが、単なる実力不足を表しています。

 不可解なのは、桜井を回の途中で戸田に代えたことです。なぜ、6、7、8回と残り3イニング、試合終了まで桜井に投げさせないのでしょうか?

 この大敗に意味があるとすれば、過登板気味のリリーフ陣を休ませることが第一義にあげられます。ブルペンの用意も全くさせず、何点取られようと、桜井に投げさせるのがベストだと思います。今更、桜井に対する配慮はないはずです。また、あそこから、逆転を考えるのはさすがに夢想が過ぎます。

 そのために、スタミナだけはある桜井を投げさせたのだと思ったのですが、、、。まさか、桜井が戦力になるかどうかのテスト登板だったなんてことは、今更ないはずですが。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村