8月4日からサードコーチャーが元木コーチから亀井コーチに代わっています。原監督は「風景をちょっと変えたかった。やっぱり動いてね。いい方向に行くためにこういう形になった」(2022年8月5日日本経済新聞第13版37面より)とはっきりとした理由は言っていませんが,元木コーチの走塁指示のミスの多さに対策をしたのだと思います。

 私が今思い出せるものだけでも,酷いなと思う元木コーチの走塁指示は,2019年9月3日中日戦のゲレーロの本塁憤死,2022年5月4日広島戦の3回大城の本塁憤死,4回香月の本塁憤死,5回大城の本塁憤死3連発,同月10日DeNA戦の中田の本塁憤死,同年7月20日ヤクルト戦のメルセデス本塁憤死があります。

 元木は選手時代の頭脳プレーぶりからサードコーチャーのような戦術的な司令塔の能力があると思っていましたが,他人への走塁指示には適性がなかったようです。適材適所を図ってもらえれば良いと思います。私はこの異動は好判断だと思います。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村