G-diarium

データを用いてジャイアンツを中心に野球を語るブログです。

G-diarium イメージ画像

交代

 8月4日からサードコーチャーが元木コーチから亀井コーチに代わっています。原監督は「風景をちょっと変えたかった。やっぱり動いてね。いい方向に行くためにこういう形になった」(2022年8月5日日本経済新聞第13版37面より)とはっきりとした理由は言っていませんが,元木コ

 3連打による1失点ですが,4回で先発を降ろすのですね。戸根の方が堀田賢慎より良いということなら,戸根に先発をさせれば良いと思うのですが・・・。それとも,堀田は4回になればスタミナがないということなのでしょうか。堀田はショートスターターのような位置づけという

 3回表に増田陸がスリーアウト目になり,4回表の攻撃が投手からの打順になることを避けるために,原監督は8番に中田翔を入れ,7番の増田陸に代わって平内を入れました。 試合序盤に動くときに原監督がよくやる手法です。次の回の攻撃が投手から始まるのがイヤなのはわかり

 個人的に北村拓己に不動のセカンド誕生の夢を見ているのですが,今日(7/14)も先発の山口が立ち上がりから打たれたため,7番に投手を入れられ北村は1打席で交代になってしまいました。 これでここ6試合のうち,半分の3試合で1打席交代です。「スタメンって何なのかなあ?」

 7月4日の中日戦では,先発の田口が3回で降板しました。7月5日にはデラロサがビシエドにソロを打たれた直後に交代しました。主力の二人が途中降板なので,ヒヤっとしましたが,二人とも,長期離脱に至るようなケガではなく,違和感に留まるレベルのようです。 ケガが大きく

 昨日の山井の交代には心底驚きました。  私は落合監督の著作も何冊か読み,その野球観・技術論には心服しています。心から尊敬できるプレーヤー,監督です。  しかし,昨日の采配については頭では理解はできますが,心と体はついていきません。考えれば考えるほど

↑このページのトップヘ