下記表は山崎伊織の年別投球成績です。
山崎伊織 20240122
 入団一年目の2021年はリハビリに費やしましたが,2022年から2年連続で先発として投げてくれました。大卒3年目で二桁勝利に手が届きました。谷はありましたが乗り越えて順調なキャリアだと思います。巨人の投手陣の中では戸郷に次ぐイニング数をこなし,規定投球回数に乗りました。
 2022年はK-BB%が8.5と高くありませんでしたが,2023年はBB%を下げ(4.9→4.3),K%を上げる(13.4→18.1)ことによって13.8としました。被打率も.256から.221に下げています。これによってtRAは3.89から3.08まで下がっています。tRA3.08は12球団の規定投球回数達成投手のうちで12番目に位置し,巨人の中ではわずかではありますが戸郷の3.09を上回りトップです。WARでも4.1を記録し両リーグ12番目に位置します。球界を代表する投手になりつつあります。
 速球の平均球速が2022年から2023年にかけて144.2→147.0と上がっています。スライダーやカットボールも同様に上がっています。全体的にボールのスピードが上がればもっと良い投球ができるようになりそうです。戸郷と共にジャイアンツのローテーションの屋台骨を支える一人です。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村