下記表は門脇誠の打撃成績です。
門脇誠 20240202
 入団1年目から348もの打席に立ちました。しかも50打席以上の巨人野手のうちで打率.263は7番目に位置します。wRC+は76なので100を割ってしまっていますが1年目の選手としては良い活躍だったと思います。特に目を見張るのは打率が月を追うごとに右肩上がりになった点です。3月・4月は.111でしたが,5月以降は.190→.160→.283→.339→.286→.455という月次成績を残しました。OPSも8月から10月にかけては.700を超えていました。2024年もこのレベルの成績を残してくれればチームとしては大変助かります。

 その上で門脇には守備があります。ショートのUZR1000が14.8(431イニング),サードのUZR1000が37.9(309イニング)を記録しました。2023年にショートを200イニング以上守った選手の中では12球団トップの値です。同じくサードでもトップです。守備については全く心配が要らないと思います。2024年も同レベルの堅い守備を見せてくれるはずです。長い間懸念となっていた坂本の後釜となってくれました。門脇はチーム編成上大きな存在になりました。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村